azukiのテレビ制作の1日

​生放送の情報番組「ちちんぷいぷい」では毎日だいたいこんな感じです

朝に番組スタッフみんなで集まり、今日どんな話題を

放送するのか決めていきます。

どんな構成にする?ロケに出る?他とは違う切り口は?

今日僕たちのチームは「大阪に宇宙人現れる」を

​担当することになりました。

​朝の会議

宇宙人に詳しい先生を探したり、街の人の声を聞いたり

本番に向けてのリサーチを開始します。

その日の放送なので実質2~3時間。リサーチャー

若手の放送作家やADが担当します。azukiが得意なのは

スタジオなので、ロケは他の会社の人にお任せします。

リサーチ

リサーチと並行してディレクターや作家が、スタジオの大きなモニターに出る用の原稿を手書きで作成します。

構成はもちろん、わかりやすさ、面白さ、レイアウトやデザイン、演出、カメラワークなども含めて考えます。

​テレビスタッフとしての総合力が必要となります。

原稿執筆

ディレクターが書いた手書きの原稿を美術さんに渡します。その原稿を美術さんはパソコンで仕上げます。

主にADさんの作業になりますが、どんな画像を入れるのか、取材先の情報は間違っていないかなどのチェックもするなど、バタバタした中で確実性が求められます。

​美術発注

原稿を執筆したディレクターがMCのアナウンサーや

ゲストの先生、他のスタッフと打ち合わせします。

台本はないので、MCとは話の振り方や広げ方などの

演出プランを事前に伝えておきます。本番まで30分を切っていますが、新しく出た疑問を調べたりもします。

打ち合わせ

朝の会議から6時間後、作業開始から5時間後に本番。

ディレクターはスタジオフロアに立ち演出をします。

生放送なので時間がなくなったりハプニングも。どこを

カットするか、さらに生で出来る演出はないかなどを考え、出演者にプロンプで指示を出したりします。

​本番

本番終了後は明日の準備。話題が決まっていればどこへロケに行く?などを考えたりします

テレビ番組制作 | アクセサリー

  • Instagram

〒531-0071 大阪市北区中津2-8

    中津リバーサイドコーポA棟 916号

 TEL/FAX 06-6375-4740

sakagami.azuki@gmail.com